「ポロ・ラルフローレン」のセーターが大人気!今シーズン買うならこれ!

ケーブルニット

ハイブランドのセカンドラインとして代表的な「POLO RALPH LOREN POLO(ポロ・ラルフローレン)」。もはや本家を越える勢いですが、元々はラルフローレンのカジュアルバージョンとしてスタートしました。

伝統を重んじるラグジュアリーブランドのラルフローレンはと異なり、ポロ・ラルフローレンにはカジュアルな製品が多く、アイテム数ではセカンドラインでありながら本家より多いかもしれません。

アメリカンスタイルからボヘミアンなデザイン、そしてアイビーリーグ風のものまで幅広いラインナップが揃うポロ・ラルフローレンは、ファンも多く新作が出るとすぐに売り切れてしまうアイテムもあるようです。

今回はこの冬マストバイのポロ・ラルフローレンの人気セーターをいくつかご紹介します。

ウールカシミヤ クルーネックセーター

大人気のスリムフィットのセーターはイタリア製のメリノウール90%とカシミヤ10%の混紡。ポロらしいクールな魅力あふれる1枚です。

ケーブルニット タートルネックセーター

ヒップが隠れる長さのゆったりとしたフィット感が魅力のタートルネックセーター。サイドに深いスリットが入り、ドレープが引き立ちます。リブの手触りと着心地の快適さも人気の理由です。

ケーブルニット サイドスリットセーター

両サイドに深いスリットが入った腰丈のリラックスフィットのVネックセーター。Polo ならではの雰囲気を味わえるデザインです。

ウールカシミヤ ポンチョセーター

ウールとカシミヤで仕立てたポンチョはヒップが隠れる長さ。両サイドの3つのボタンを留めたり開けたりすることで、それぞれのスタイルを楽しめます。

フェアアイル ウールブレンドセーター

バルーンスリーブが特徴的なフェアアイル編みのセーター。センスの光る着こなしをしたい1枚です。ウール59%、ナイロン16%、カシミヤ11%、アクリル6%、アルパカウール5%、コットン3%

 

いかがでしたか?

ラルフローレンの主軸である、定番のセカンドライン「ポロ・ラルフローレン」は、手頃な価格であることから若者にも支持されています。2017年は原宿を始め、代官山、神戸そして心斎橋にショップがオープンしていることからもその人気の高さがわかりますね。

寒い冬に大活躍するセーターをポロで決めてみませんか?

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。